歴代名勝負【第4回】

日本プロゴルフ 歴代名勝負【第4回】

バンカーからパターを使ったアプローチで初優勝

バンカーからパターを使ったアプローチで初優勝

1994年に岐阜県のレイクグリーンGCで開催された「日本プロゴルフ選手権」は、合田洋(当時29歳)が長年ゴルフ界の頂点に君臨していた尾崎将司(当時47歳)を1打差で破り、悲願のタイトルを涙で飾った大会として、今もゴルフファンの脳裏に深く焼き付いています。

予選会を通って本戦の出場権を獲得した合田は、初日5アンダーと素晴らしいスタートを切り、3日目を終わってトータル7アンダーまでスコアを伸ばしていました。迎えた最終日、ジャンボ尾崎と最終組でラウンドした合田は、熾烈な優勝争いを演じます。そして合田の1ストロークリードで迎えた最終18番パー5。ジャンボ尾崎が2オンに成功したのに対して、合田の第2打は無惨にもグリーン手前のバンカーへ・・・。

ギャラリーの多くはジャンボ尾崎とのプレーオフを予感していました。ところがサンドウェッジを手にしてバンカーに入った合田は、思案した末にパターに持ち替えると、バンカーからの第3打をピンそば1メートル50センチに寄せたのです。そして緊張のあまり震える手でパットを放つと、ボールは複雑なラインを描きながらころりとカップに吸い込まれました。目から大粒の涙を流す合田の肩をジャンボ尾崎がそっと抱くと、ギャラリーから一斉に拍手が起こり、感動的なエンディングを迎えました。

その後の合田は不調が続き予選落ちが目立ちましたが、日本プロの勝者として永遠に歴史に名を残すことになりました。

  • 【三重県 桑名市】
    東建多度カントリークラブ・名古屋
    東建多度カントリークラブ・名古屋

    男子プロゴルフツアー「東建ホームメイトカップ」の開催コースとなっており、戦略性の高さや、行き届いたコースのクオリティなど、トーナメントコースとしてふさわしい風格を備えた名門コースです。

    東建多度カントリークラブ・名古屋のご紹介

  • 【岐阜県 可児市】
    東建塩河カントリー倶楽部
    東建塩河カントリー倶楽部

    ゴルフ界の偉人ゲーリー・プレーヤー氏によって設計された歴史があるゴルフ場で、広々としたコース設計が攻略の楽しさを広げます。27コースというコース数を誇り、2回目でも新鮮な気分でプレーできます。

    東建塩河カントリー倶楽部のご紹介

ゴルフ・温泉リゾート ホテル多度温泉
「東建多度カントリークラブ・名古屋」に併設されたゴルフリゾートホテル、「ホテル多度温泉」。源泉掛け流しの天然温泉で体をゆっくりと休め、豪華な料理に舌鼓、日常では味わえない優雅なリゾートステイを存分にお楽しみ下さい。

JAPANゴルフツアー開幕戦「東建ホームメイトカップ」は、毎年春に東建コーポレーションの主催で行なわれる男子ゴルフトーナメントで、三重県桑名市の東建多度カントリークラブ・名古屋で開催されます。 「日本プロゴルフ 歴代名勝負【第4回】」では、1994年(平成6年)に岐阜県のレイクグリーンGCで開催された「日本プロゴルフ選手権」にて、合田洋選手が尾崎将司(ジャンボ尾崎)選手を破って悲願の優勝を成し遂げた試合をご紹介。 熾烈なタイトル争いの末、タイトルを手にして感涙する合田洋選手と、彼を称える尾崎将司(ジャンボ尾崎)選手。2人に向けて、ギャラリーからは一斉に拍手が起こりました。