プロゴルファーのスイング動画集

見て学んで、目指せスコアアップ!プロゴルファーのスイング動画集

東建ホームメイトカップに出場したプロゴルフ選手をピックアップし、ティーショットスイング動画を集めました。動画では、東建多度カントリークラブ・名古屋の1番ホールでのティーショットをスローモーションでご確認頂けます。
自分のスイングと比較したり、選手同士を見比べたり、ゴルフレッスンにも最適な動画です。

池田勇太選手のスイング動画(2019年)

池田勇太選手のスイング動画(2019年)
スローモーションがとらえたドライバーショット
池田勇太選手 ドライバーショット
池田勇太選手 ドライバーショット
池田勇太選手 ドライバーショット
池田勇太選手
▲ 池田勇太選手

飛距離と正確さを合わせ持つバランスの良いドライバーショットが強み。2018年には平均飛距離5位(296ヤード)フェアウェイキープ率23位(59%)でトータルドライビング1位(※)となった。

6歳で競技を始め、高校3年生のときに「世界ジュニア」「日本ジュニア」を制し、「日本オープン」では25年ぶりとなる高校生でのローアマを獲得。2007年にプロ転向すると08年にシード権を獲得、09年には「日本プロゴルフ選手権」で初優勝。

その後も勝利数を順調に伸ばし頭角を現すと、13年には選手会長に最年少(27歳14日)で就任。16年には3勝を挙げて賞金王に輝き、18年「ダイヤモンドカップ」でツアー通算20勝目を飾った。初勝利以来、着実なゴルフで毎シーズン勝利数を伸ばし続けている。

※ドライビングディスタンスとフェアウェイキープ率をポイント換算した順位

石川遼選手のスイング動画(2018年)

石川遼選手のスイング動画(2018年)
スローモーションがとらえたドライバーショット
石川遼選手 ドライバーショット
石川遼選手 ドライバーショット
石川遼選手 ドライバーショット
石川遼選手
▲ 石川遼選手

近年ドライバーショットの調子が上がらないことに悩んでいる石川遼選手。2019年は飛距離、精度共に好調をキープした試合もあるが、逆にドライバーの不調からクラブを封印して13本のクラブで挑んだ試合もあった。ドライバーの飛距離が高い選手なだけに、今後はドライバーショットが復活のカギを握っていると言える。

石川遼選手と言えば、アマ時代からのプロにかけての華々しいデビューが記憶に新しい。
15歳のアマチュア時代に2007年の「マンシングウェアオープンKSBカップ」で史上最年少優勝を果たすと、翌年に高校生ながらプロ転向。2009年には年間4勝を挙げて史上最年少賞金王を獲得。2010年には「中日クラウンズ」で当時の世界最小ストローク記録となる58を叩きだして注目を集めた。

2013年から米ツアーに挑戦し、2018年からは再び日本ツアーを主戦場とした。2019年「日本プロゴルフ選手権」で3年ぶりのツアー15勝目を果たした。

今平周吾選手のスイング動画(2019年)

今平周吾選手のスイング動画(2019年)
スローモーションがとらえたドライバーショット
今平周吾選手 ドライバーショット
今平周吾選手 ドライバーショット
今平周吾選手 ドライバーショット
今平周吾選手
▲ 今平周吾選手

165センチ60キロという小柄ながら、ドライバーショットは平均290ヤード超え。ショットの安定には定評がある期待の若手選手。

2008年の高校1年生のときに「日本ジュニアゴルフ選手権」で1学年上の松山英樹選手を破って優勝。翌年に高校を中退し、フロリダ州のIMGゴルフアカデミーで2年間腕を磨いた。2011年に帰国しプロ転向すると、2014年に男子下部チャレンジトーナメントで2勝を挙げ賞金タイトルを獲得。翌15年はトップツアーにフル参戦し3度のトップ5入りし、シードを獲得した。

16年は未勝利ながらトップ10に8回入って賞金ランク10位と躍進。17年には「関西オープン」で初優勝を飾るなどして獲得賞金が1億円を突破。この年は1勝でありながら賞金王となり、年間を通じて安心したスコアをキープする今平選手だからこそなせる技だった。その後は毎年勝利を積み重ね、着実に実績を積み上げている。

星野陸也選手のスイング動画(2019年)

星野陸也選手のスイング動画(2019年)
スローモーションがとらえたドライバーショット
星野陸也選手 ドライバーショット
星野陸也選手 ドライバーショット
星野陸也選手 ドライバーショット
星野陸也選手
▲ 星野陸也選手

武器は、身長186cmの体格から放たれるドライバーショット。平均飛距離300ヤードは国内でもトップクラスの飛ばし屋。

2016年8月のクォリファイングトーナメントの挑戦を機に日本大学を中退し、不退転の決意でプロ転向。
翌年の2017年はチャレンジ開幕戦の「Novil Cup」で優勝を果たし、トップツアーでも「SMBCシンガポールオープン」、「トップ杯東海クラシック」、「カシオワールドオープン」などでトップ10入り、賞金ランキング31位でシード権を獲得した。

2018年には、「フジサンケイクラシック」で初優勝。富士桜カントリー倶楽部での最多アンダー記録となる、通算16アンダーという圧倒的な勝利だった。2019年にも「ダンロップ・スリクソン福島オープン」で二度目の優勝を飾る。


「JAPANゴルフツアー開幕戦 東建ホームメイトカップ」は、毎年春に東建コーポレーションの主催で行なわれる男子ゴルフトーナメントで、三重県桑名市の「東建多度カントリークラブ・名古屋」で開催されます。 「プロゴルファーのスイング動画集」では、池田勇太選手、石川遼選手、今平周吾選手、星野陸也選手の4名によるティーショットスイング動画をスローモーションで見ることが可能です。 各選手のドライバーショットの特徴を解説しており、動画から自分のスイングと選手のスイングを比較することで、ゴルフレッスンに活かしてみてはいかがでしょうか。