1つ前のページへ

東建ホームメイトカップブログ

東建ホームメイトカップブログ2018

  • 小
  • 中
  • 大

2018/04/12(木) 掲載

予選第1ラウンド、間もなくスタートです

JAPANゴルフツアー国内開幕戦「東建ホームメイトカップ絵文字:位置情報」ついに今日から予戦が始まります。

会場の東建多度カントリークラブ・名古屋は、昨夜にかなり絵文字:雨が降りました。
好天続きにより硬くなっていたグリーンも軟らかくなり、初日からバーディー合戦で、各選手ともスコアを伸ばしてくることが予想されます。
ただし、天気予報によると、今日はこれから気温がぐんぐん上がり北西の風がやや強く吹くそうなので、フェアウェイやグリーンが乾いてきます。
午前スタート組午後スタート組で、コースコンディションの変化がプレーにどう影響するか予断を許しません絵文字:ドン

午前スタート第1組のティーオフは7時20分。大注目の石川遼選手は8時30分にインコース1番からスタートします。
今日と明日の2日間、同じ組で回るのは大槻智春選手と時松隆光選手。
昨年度チャレンジツアー賞金ランキング1位の大槻智春選手は学年が石川遼選手の2つ上、昨年「ブリヂストンオープン」でツアー2勝目を挙げた時松隆光選手は学年が石川遼選手の2つ下。

ほぼ同世代の若手3人の対決絵文字:ピカピカが見物です。


画像


2018/04/11(水) 掲載

プロアマ大会優勝の山下和宏選手が本戦でのツアー初優勝を誓う!

夕方から天気が大荒れ絵文字:雷言う予報も出ており、空模様を心配しながらスタートした本日のプロアマ大会
途中で少し雨がぱらついたものの、各組がホールアウトする頃には薄日も差してきて、まずまずのコンディションで競技を終えることができました。
気温も例年より暖かく、好プレー・好スコア絵文字:ゴルフが続出。山下和宏選手のチーム、手嶋多一選手のチーム、松村道央選手のチームの3組がトータル16アンダーで並ぶ大混戦となりました。
大会規定により、平均ハンデキャップが最も少なかった山下和宏選手のチームが優勝しました。

山下選手と言えば、2015年の「東建ホームメイトカップ絵文字:位置情報」最終日、15番ホールからの3連続バーディーで首位M ・ヘンドリー選手に1打差と迫り、プレーオフを狙った18番のバーディーパットを惜しくも外して単独2位
優勝は逃したものの、大会史に残る名勝負を見せてくれたのが記憶に新しいところ。
また、山下選手はこれまで最終日最終組を11回も経験しながら優勝に届かず、初優勝に最も近い男と言われ続けてきました。

プロアマ大会表彰式では、「今季初優勝ですね」と司会者から水を向けられた山下選手は、「(調整の)ピークをプロアマに持ってきてしまって、明日からが心配ですけど、この流れをつなげられるように頑張ります。現地で観戦して頂ければ嬉しいです」と優勝宣言絵文字:王冠

若手の台頭が著しい男子ツアーですが、44歳のベテランが正真正銘の初優勝を狙います。

画像

2018/04/11(水) 掲載

「東建ホームメイトカップ」観戦記念に!ロゴ入りピンフラッグ販売中!

今朝の新聞報道等でご存じの方もいらっしゃるかと思いますが、今シーズンから男子トーナメントの各会場では、JAPANゴルフツアー選手会長に就任した石川遼選手の発案により、ファンサービスの一環として大会ピンフラッグ絵文字:位置情報の販売が行なわれることになりました。

ピンフラッグと言っても、ゴルフをしない人はピンと来ないかもしれませんね。
ゴルフ場の各グリーンに立っているのがピン、その先に取り付けられた旗のことをピンフラッグ絵文字:位置情報と言います。
普段は無地だったり、ゴルフ場のマークが入っていたりしますが、トーナメント期間中大会ロゴの入った特別なフラッグが使われます。

今大会で販売されているフラッグには、もちろん「東建ホームメイトカップ」のロゴがあしらわれ、トーナメント観戦の記念品やお土産にぴったりなアイテム絵文字:プレゼントです。
また、白地で生地がけっこうしっかりしているので、選手にサインを書いてもらいやすくなっています。
お気に入りの選手サインが入れば、一生の思い出になるでしょう。

なお、ピンフラッグ絵文字:位置情報は、本日のプロアマ大会はギャラリープラザ内の「ブリヂストンブース」にて販売中。
明日からの本戦期間中は場所を移して「JGTO×鉄腕アトムブース」で販売されます。価格は1枚2,000円(税込)で、1,000枚限定となっていますのでご希望の方はお早めにどうぞ。

画像


 

2018/04/11(水) 掲載

「東建ホームメイトカップ」恒例!石原良純さんの天気予報をお届けします

今日のプロアマ大会には俳優で気象予報士の石原良純さんもゲストプレーヤーとして出場中。
せっかくなので大会期間中のお天気絵文字:晴れを予想してもらいました。

「今日の後半にはが降ると思います。土曜日の遅くから日曜日にかけても降る可能性があります。今年はこれまでが少なかったので、コースにとっては恵みの雨となるでしょう。選手にとっては、あり絵文字:雨あり絵文字:台風荒れる日もあり絵文字:雷、4日間いろいろな天気と付き合わなければいけないので大変でしょう。天気のいい日絵文字:晴れにスコアをのばしておかないと勝つのは難しいと思います。どちらにしろ、今年の大会も波乱含みであることは間違いありません。幸いなことに、今年は例年よりも暖かく、今日も半袖でプレーしようかと思ったくらい。ギャラリーの皆さんも観戦しやすいと思います」

春先の多度絵文字:桜は、一日のうちで天候や気温ががらりと変わることも珍しくありません。ご来場される方は天候の急変に備え、雨具絵文字:小雨防寒具をお忘れなく。

画像

2018/04/11(水) 掲載

JAPANゴルフツアー開幕セレモニーに続き、プロアマ大会がスタート!

全国のゴルフファン絵文字:ゴルフの皆様、おはようございます。

本日、東建多度カントリークラブ・名古屋では、JAPANゴルフツアー開幕戦「東建ホームメイトカップ絵文字:位置情報」のプロアマ大会が始まっていますが、これに先立って午前10時より行なわれた、JAPANゴルフツアー選手会主催の国内開幕セレモニーの様子をレポートします。

セレモニーの幕開けは、地元、多度大社の皆様による雅楽「納曽利」。
竜が大空で戯れる様を表し、軽やかに舞う「納曽利」は、広いコースで白球を自在に操るゴルファー絵文字:ゴルフの姿と通ずるものがあります。
また、平安時代には、相撲や競馬(くらべうま)、弓の勝者を祝うために演じられたもので、まさに明日から4日間の戦いに挑む選手の門出を祝うのにふさわしい舞です。

その後、朝早くからご来場下さった大勢のギャラリーの「よいしょ」「よいしょ」「よいしょ」の掛け声に合わせて鏡開きが行なわれました。

乾杯の発声に指名されたのは、JAPANゴルフツアーで今季から選手会長を務める石川遼選手。
「4ヵ月の間永らくお待たせしましたが、その間に選手一同、腕を磨いてきました。いいパフォーマンスをお見せできるように頑張ります」と挨拶するとギャラリーから大きな拍手が。

大役を務めた石川遼選手は、そのまま大勢のギャラリーを引き連れてアウト1番ホールからスタート。
心配されたお天気もなんとか持ちそう絵文字:曇りで、プロ、女子プロ、ゲストのプレーを存分にお楽しみ頂けることと思います。

プロアマ大会の模様は、また後ほどブログにてお伝えするのでお楽しみに!

画像

ホームメイト・ゴルフ
東建多度カントリークラブ・名古屋
東建塩河カントリークラブ
スポランド ゴルフ場リサーチ
スポランド ゴルフ練習場リサーチ
施設検索ホームメイトリサーチ
ホームメイト
ホームメイト川柳
ゴルフ川柳
レジデンス新館 ホテル1年会員 入会受付中
ゴルフで英語を学ぼう!「英語でGOLF」
東建ホームメイトカップZ
タブレット・スマートフォンアプリ「ピカ写メGO」
ドラピン