1つ前のページへ

東建ホームメイトカップブログ

東建ホームメイトカップブログ2019

  • 小
  • 中
  • 大

2019/04/18(木) 掲載

池田勇太選手、有言実行なるか

「東建ホームメイトカップ」初日、ロケットスタートを決めたのは、昨日行なわれた鏡開きとプロアマ大会表彰式で「平成最後のチャンピオンをねらう」と力強く宣言した池田勇太選手です。

今日インスタートの池田選手は、10番で幸先よくバーディーを決めると、11番はボギーとしたものの、続く12番、13番で2連続バーディー。
15番から17番まで3連続バーディーと怒濤の進撃。スコアを5アンダーまで伸ばし、暫定単独首位で前半9ホールを終えています。

本大会に出場するのは3年振りの池田勇太選手ですが、過去最高成績はプロ2年目になる2009年の3位タイ。過去9回中ベスト10フィニッシュ5回で予選落ちなしと、東建多度カントリークラブ・名古屋を得意としています。残り9ホールでどこまでスコアを伸ばしてくるか要注目です。

その他、注目組の今平周吾選手は7ホールを終えてイーブンパー。
重永亜斗夢選手は1オーバーとともにスコアが伸び悩んでいますが、まだまだ先の長い戦い、これからの巻き返しに期待しましょう。

また、11時30分からは午後組の66選手が続々とスタートします。歴代優勝者宮本勝昌選手金庚泰選手谷口徹選手片山晋呉選手藤田寛之選手梁津萬選手上田諭尉選手、そして尾崎将司選手ベテラン勢のプレーからも目が離せません

画像
▲平成最後のチャンピオンをねらう池田勇太選手

2019/04/18(木) 掲載

女子プロが教えてくれた「東建ホームメイトカップ」の味わい方

昨日行なわれたプロアマ大会には、5名の女子プロがゲスト枠で出場しました。
皆さん、男子プロの迫力あるプレーに圧倒されつつもさすがはプロ。男子のプレーをしっかりチェックされていたようです。そこで、プロの視点から「東建ホームメイトカップ」の見どころを教えて頂きました

森口祐子プロ
「男子プロとまわって感心するのは視野の広さです。たとえ3パットしても、それを過去の出来事として払拭し、次のホールでは気持ちを新たにチャレンジするなど、18ホールの流れを上手く作っています
また、ティーショットをいくら上手に打ってもバーディーは取れません。そこでプロがどんな設計図を描くか。次にどういうボールを打ってくるのかを考えながら観戦するのも興味深いと思います。
どこかのホールで定点観測する場合は、ボールだけを追うのではなく、そのホールを舞台と考え、選手の歩き方や表情にも注目して見ると、各選手のことがもっとよく分かるようになります」

服部道子プロ
「やっぱり男子プロならではの迫力を感じて頂きたいですね。正直、私たちには真似できませんが、スイングスピードやボールが飛んで行くときの音などは、テレビでは十分に感じにくいので、ぜひ会場で味わって欲しいと思います」

米山みどりプロ
「同じ人間なのにアプローチでいろんなことができるのが男子プロ。女子は打ち方が一辺倒ですが、男子は同じ30ヤードでも転がしたり上げたり、技を使います。こんなところから転がすのか。ここで上げるか。など、見ていて驚かされることも多いです
アプローチならヘッドスピードは関係ないので、アマチュアでも真似ができます。目の前で見ないとそのときの状況や打ち方は分からないので、ぜひ会場に足を運んで下さい

いかがでしたか。現地で観戦する皆様もいつもとは違う見方でゴルフの面白さや奥深さを味わってみて下さい。

画像
▲見所を語る服部道子プロ

2019/04/18(木) 掲載

JAPANゴルフツアー開幕戦「東建ホームメイトカップ」が始まりました

おはようございます。ゴルフファンの皆様お待ちかねのJAPANゴルフツアー開幕戦「東建ホームメイトカップ」予選第1ラウンドが午前7時20分から始まりました

7時現在、三重県桑名市の天候は快晴、気温13.8度。午前5時発表の予報では、本日の予想最高気温は22度まで上昇し、降水確率は0%。風は穏やかで午後から南寄りの風に変わるとのこと。つまり、絶好のゴルフ日和です
昨日からの雨でグリーンも軟らかくなっているため、スコアを伸ばすなら今日しかないと選手も目の色を変えていることでしょう。今日一日、男子プロの本気の攻めを堪能頂けると思います。

さて、午前スタートで一番の注目は第19組。昨年度賞金王でマスターズ帰りの今平周吾選手に、本大会ディフェンディングチャンピオン重永亜斗夢選手。そして今回、ウェイティングからチャンスをつかんだ杉山知靖選手8時30分に10番ホールからスタート
また、昨年初優勝して勢いのある秋吉翔太選手市原弘大選手星野陸也選手稲森佑貴選手らも午前中にスタートします。

画像

2019/04/17(水) 掲載

プロアマ大会優勝は上井選手、トークの主役はジャンボ尾崎選手

生憎の雨となった今日のプロアマ大会ですが、参加者の皆さんは全員元気いっぱいに18ホールを回りきりました。

ゲームも盛り上がり、トータル16アンダーで2チームが並ぶ大接戦。大会規定により優勝上井邦裕選手チームに決まりました。
バーディーを量産してチームを引っ張ったのはもちろん上井邦裕選手。プロ15年目の36歳、初優勝にもっとも近い男と言われ続けてきた上井邦裕選手にとって、悲願達成に向けて幸先のいいスタートとなりました。

プロアマ大会、コース上の主役は上井邦裕選手でしたが、表彰パーティーの主役を務めたのは、プロ入り50年目の72歳、前人未踏の通算113勝を達成したレジェンド、尾崎将司選手です。
池田勇太選手重永亜斗夢選手とのトークショーでは、明日からの本戦に向けて「昭和、平成はけっこう暴れさせてもらったけれど、新しい令和になって、3つの時代をまたがってゴルフができるのは嬉しいこと。タイガーウッズはマスターズで全世界を感動させたけれど、自分も明日から少しでもいいプレーをして日本人を感動させたいし、若手に刺激を与えたい」と気力十分。
今日も大勢のギャラリーを引き連れてのラウンドでしたが、明日もファンを楽しませてくれるに違いありません。

尾崎将司選手の力強い言葉を受けた池田勇太選手からは「若手からジャンボさんまで幅広い年代層が力を発揮しているスポーツはなかなかない。自分も平成最後の『東建ホームメイトカップ』に勝ってすごい選手と言われたい」と優勝宣言が飛び出しました。

そして最後に飄々としたトークで会場を沸かせたのはディフェンディングチャンピオンの重永亜斗夢選手でした。
「予選通過が目標です。今年は花粉もほぼ終わっているのでマスクなしで頑張って好感度を上げていきます」と亜斗夢節。しかし、「得意コースなのはぼくも分かっています。去年優勝したからさすがに自負しています」と密かに自信をみなぎらせていました。

若手、中堅、ベテランと役者の揃ったJAPANゴルフツアー開幕戦「東建ホームメイトカップ」で今年はどんなドラマが生まれるか。明日から4日間の戦いをお楽しみ下さい。

画像
▲前夜祭にて意気込みを語る尾崎将司選手

2019/04/17(水) 掲載

雨ニモ負ケズ、熱い戦いが続くプロアマ大会

多度の女神はやはり気まぐれです。

今朝の段階では一日中曇りという予報でしたが、東建多度カントリークラブ・名古屋はプロアマ大会最終組がスタートした直後から突然の雨に見舞われています

そのためか気温もそれほど上がらず、13時現在で15度。朝の練習や鏡開きのセレモニー中は快適な陽気でしたが、一転して肌寒さを感じる中でのプロアマ大会となってしまいました。

それでも雨に水を差されるようなことはなく、コース上では熱戦が続いています。各チームとも結束力がますます高まってスコアを伸ばしている様子。どのチームが優勝するか、勝負の行方は全員がホールアウトするまで分かりません。

傘を差しながら、またテントの下で雨を避けながら、熱心に観戦を続けるギャラリーの方も大勢いらっしゃいます。もうしばらくすると天候も回復し、明日は最高気温が20度を上回るという予報。明日からの本戦競技はさらに盛り上がりそうです。

画像
▲プロアマ大会でプレーする角 盈男さん

ホームメイト・ゴルフ
東建多度カントリークラブ・名古屋
東建塩河カントリークラブ
スポランド ゴルフ場リサーチ
スポランド ゴルフ練習場リサーチ
施設検索ホームメイトリサーチ
ホームメイト
ホームメイト川柳
ゴルフ川柳
レジデンス新館 ホテル1年会員 入会受付中
東建ホームメイトカップZ
タブレット・スマートフォンアプリ「ピカ写メGO」
ドラピン